• HOME
  • >
  • 6月
  • >
  • 令和元年度「ハクレン」写真館

 利根川は我が国で唯一の自然繁殖が確認できる河川と言われています。毎年6月から7月にかけて利根川の下流から産卵水域の本町付近に集まって待機してます。ジャンプや産卵は、概ね6月から7月にかけて次の3つの条件がそろった時に多く見ることができるようです。その条件というのが、「①利根川の上流で大雨が降って川の水が増える②川の水が茶色く濁る③水温は20°C前後」だと言われています。
 ジャンプは数十匹が瞬間的に連続ジャンプします。それが1日中見られるのではなく、数回だったり、数十回だったりと様々です。ジャンプする回数が多くなると産卵も近いようなので、産卵条件を参考に利根川を観察していれば見られるかもしれません。
 ハクレンは中国が原産地でコイ科の淡水魚です。ハクレンの仲間にはソウギョ・アオウオ・コクレンがいます。この4種の魚は、いずれも体長が1メートルほどになり、中国では四大家魚と呼び、食材として養殖が行われてきました。


久喜市観光協会では「ハクレン写真館」と銘打って、ダイナミックなジャンプで有名なハクレンの写真を募集いたしました。投稿頂いた写真には「著作権」がございます。作者に無断で印刷物やWebでの利用は禁じられております。

令和元年 ハクレン撮影は!

今年こそ素晴らしい大ジャンプの写真を撮りたいと、梅雨入りとともに利根川河畔にカメラマンが集っています。
気候か河川の環境か、ここ数年、産卵前の大ジャンプが見られません。昨年も予想もしない6月17日もイカダレースに驚き、大ジャンプをしました。
今年はこれと言った程の大きなジャンプはなく7月13日の産卵があり、また、7月25日にも大雨が上流域に降ったためか二度目の産卵があり、今年は終了いたしました。
来年を期待しましょう。

ハクレンを観察・写真を撮って18年
奈良 義之
 

小林 一郎


見て見て私の身体、輝いて綺麗でしょう……」
 「輝きのハクレン・ジャンプ」

小林 一郎


「沖に向かって ハイ、ジャンプ!、うまい、うまい……」
 「沖に向かってハイ、ジャンプ」

小林 一郎


どうだ、俺達のジャンプは、負けないぞ、俺達だって……」
「ジャンプの競演」

小林 一郎


「大変だ一斉産卵が始まっちゃった、早すぎるよ、もっと楽しませてくれよ……」
「浮き花、ハクレンの一斉産卵」

印田 晃


105センチ、35キロ
釣り人満悦

印田 晃


曇り時々薄晴れ
横っ飛び

印田 晃


群魚乱舞Ⅱ

印田 晃


群魚乱舞

奈良 義之

奈良 義之

奈良 義之

小川 誠治


「定点ジャンプ」
2019.7.3  AM1030
 ずっと待っていて、やっとシャッターを押せました !!

小川 誠治


「これぞ ジャンプ」
2019.7.5  AM600
 この高さ、見事な垂直とび

小川 誠治


「連続ジャンプの始まり」
2019.7.5  PM230
 珍しく対岸で連続してジャンプが始まり、シャッターを押しつづけた。
少し遠し !!
 

篠崎 孝夫

篠崎 孝夫

篠崎 孝夫